sasakiken in Germany

ドイツ競馬や写真がメインです

博打だったが、ひょっとしたら

f:id:german-racing:20170128170833j:plain
Nikon D700 + Sigma APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM

ドイツ競馬では、メインレースは17時前後に行われる。緯度が高いため、夜でも22時まで明るい地域がある。そんなドイツも10月に入ると一気に秋らしくなり、太陽が低くなる。

ドイツ競馬で10月といえば、伝統の2歳重賞Winterfavoriten(1600m, G3, 2歳)である。今日の写真は2011年のWinterfavoriten勝ち馬Tai Chi。

この日は絶好の秋晴れで、快適に撮影を行っていた。前レースまでと同じ撮影ポジションに立ち、さあメインレースと意気込んでコースを見わたすと、コースは真っ暗。思った以上に太陽が低く沈み、スタンドに遮られてしまっていた。

ポジションを変える余裕がなく、腹をくくって馬を待った。そしてそのときに、ある決断をした。

「露出はあえて前レースまでと同じにしてみよう。」

博打だったが、ひょっとしたら面白い写真が撮れるかもと期待した。

レース後、写真を見ると影で真っ暗に写ったものばかりだった。その中に、わずかな光が勝ち馬を照らしている写真が1枚。それがこの写真であった。秋はこんな写真が撮れるから面白い。